からし菜とエビのかき揚げ

沖縄を旅するある番組を見ていた時に 沖縄のオバーたちが作っていたのを真似してみたのがきっかけです。からし菜の天ぷらは それまでも作っていたのですが 芝エビではなく車エビを丸ごと使うところが今までと違うところです。

 

からし菜はさっと洗ってざく切りにし 車エビは頭とワタと尾を取って下ごしらえをした後 そのまま切らずに丸ごと使います。天ぷらの衣にからし菜と車エビを加えてを 少し低めの温度の油に入れて天ぷらにします。

 

 

からし菜のピリッとした辛さにエビの甘さとコクが合わさって とても美味しいです。


見た目も綺麗ですので お客様のおもてなし料理にもできるのでないでしょうか。私は そもまま特に何もつけなくても大丈夫ですが 藻塩などのミネラル豊富な塩を少しつけて食べればまた絶品です。夏などには

 

 

そうめんや冷や麦といったさっぱりした麺類を食べたくなるものですが・・・


そんな時にからし菜とエビの天ぷらを食べれば 夏バテ防止にもなると思います。

沖縄の家庭料理「フーチャンプルー」

我が家で家族皆が好きな郷土料理は「フーチャンプルー」です。沖縄の家庭料理なのですが、その名前の通り「麩」を炒めた料理です。沖縄では麩はお吸い物に入れるものではなくチャンプルーにして炒めるもの。

 

 

手軽にできるけど食べ応えもあって美味しいです!


作り方は、まず麩を水で戻します。そしてよくお水を絞ったら、溶き卵に塩少々を入れて麩を細かくちぎって漬けておきます。麩に卵がしみ込んだら、フライパンに油を敷いてカリっと炒めます。

 

炒めたらいったんお皿に戻し、再びフライパンに油を敷いてお好みの野菜を炒めます。そして最後にツナと麩を入れて、だしの素としょうゆ少々で味付けして完成です!作り方は家庭で少しずつ違いますが、我が家は私が実母から習ったこの作り方が定番です。

 

 

お野菜はもやしやキャベツ、にんじんの他ゴーヤーでも合います。


ツナを入れなくてもいいのですが、私はツナ大好きなので必ず入れます。ツナを入れる事で風味が出て美味しさが断然違ってきます!

お手頃価格で食べられる美味しい魚介料理

福岡に行ったらぜ一度は行ってもらいたいのが、福岡市中央区大名にある「稚加榮」です。ここは、福岡名物の辛子明太子で有名なお店なのですが、ランチタイムになると連日行列ができるほどの人気店です。中でもおすすめは、ランチ御膳です。

 

お店の中央には、沢山の魚が泳ぐいけすを囲むような形でとても広いカウンター席があり、配膳の方も着物姿でもてなしてくださるので少し良い料亭に来たようなリッチな気分を味わえます。ランチ御膳には「お刺身御膳」と「お蕎麦御膳」の2種類があり、

 

 

チューブタイプの明太子が自由に食せる


ようになっています。特に「お刺身御膳」お刺身は、とても新鮮で美味しいです。また、その他にも小鉢などがついていて、更にご飯やお味噌汁はお代わりができて1,400円という手頃なお値段です。

 

 

お店を知ったのは、知人の紹介でした。


客層は、会社員からご年配の方、家族連れに外国の方まで様々です。カウンター席の他にお座敷席もありますので、小さなお子さんを連れた方にも人気があるようです。

 

>>美味しいおせち料理を取扱う人気通販は?<<