老舗業者と新規参入業者のおせち料理

おせち市場には新規参入する業者があります。新規参入といっても様々な業種があり、特に全くの別事業を行っている新規参入の業者のおせちを購入する場合は気をつける必要があります。

 

 

2017年用おのおせちでつい最近に話題になっているのが・・・


ANAケータリングですが機内食のノウハウを活かすということで謹製おせち三段重を販売するそうです。価格は2万円台で老舗通販のおせち料理の需要を奪い獲れるかが見どころですよね。

 

おせち料理の場合、難しいのが開発よりも製造工程での管理です。無理な販売台数の受注を受けても購入者に満足のできるおせちを届けることができなければ何の得もありませんよね。

 

特に新規参入業者の中でも企画や商品の精度や販売体制が整っていても製造に間に合わなければ問題になるのは目に見えています。

 

 

その為の冷凍おせちですが・・・


なので、新規参入業者のおせち料理を予約するのであれば、トラブルを回避する為にも冷蔵(生)や常温おせちよりは冷凍おせちのほうが良いかもしれません。なので話題性に惹かれて購入するのであれば販売実績のあるおせち津阪で購入するのがベストです。

 

それにここ最近では個食おせちや一段重の需要が伸びてきているので量の多い三段重などは敬遠されるようです。

コンビニのおせち料理ってどう?

コンビニのおせち料理はネット以外に直接店舗で予約もできる点や受取場所や時間も自由に設定できる点は便利かもしれません。では実際の中身はどうかというと全体的に安っぽいという印象を受けます。おせち料理を販売するコンビニは

 

 

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート

大手の3社です。そして価格帯も1万円以下のおせちから3万円前後のおせちを販売しています。但し、買いかどうかはじっくり考えたいところです。というのも2万円や3万円のおせちであれば販売実績の高いネット通販で購入するのがおすすめです。

 

実際にコンビニでお買い得といえるのは1万円前後のおせちかもしれません。実際に一般的な庶民のおせちの購入予算は1万円迄の予算なのでデパートや百貨店のおせちではボリュームが足りませんがコンビニおせちであればクリアできそうです。

 

但し、コンビニ各社とも同じようなメニュー構成なのでどこで買っても同じような気もします。

各コンビニおせちのおすすめは?

コンビニ名 商品名 予約受付期間
ローソン

プレミアムおせち三段重
和洋中折衷おせち三段重
和風おせち一段重

2016年9月20日〜2016年12月25日 18:00迄
セブンイレブン

おせち一段重
おせち三段重
和洋折衷おせち二段重

10月5日〜12月26日
ファミリーマート

和風おせち二段重
おせち二段重
おせち一段

10月上旬〜12月26日

 

>>美味しいおせち料理を取扱う人気通販は?<<