売れる高齢者向けの個食おせちとは?

お正月に用意するおせち料理が手作りでない家庭が増えたといっても、まだまだ手作りしている家庭が多いというのも事実です。2016年のある市場調査では約40%が手作りしたと回答しています。但し、これからは購入するにしても

 

 

おせちの二極化が進むのでは・・・


と睨んでいる業者も多いようです。その二極化というのは高齢者層と若年者層です。現に高齢者向けの個食おせちに注力してきたデパートでは右肩上がりで売上を伸ばしているようです。こうした動きとは反対に

 

 

若年者層が好むメニューを取り入れたおせちもここ数年増えているような気がします。


ですが、高齢化が進むにつれ高齢者向けの個食おせちを取り扱う通販が増えることは間違いないでしょう。ただ、今は個食おせちといってもそれ程安くはないのがネックですよね。需要が増えればおせち料理の中身や品質もアップするのでそれに期待しましょう。

2017年人気ネット通販が取り扱う個食おせちの内容は?

おせち通販名 個食おせち料理名 内容・状態
匠本舗 愛知三河料亭 千賀監修おせち 舞千 27品×2組・冷凍盛付済
おまかせ健康三彩 京のおせち 花籠 31品×2組・冷凍盛付済
旨いもの探検隊 京料理 濱登久生おせち 個食二段 24品×2組・冷凍盛付済
紀文 食べやすくて体に優しいおせち 10品・冷蔵個別パック

上記の表で紹介している個食おせちは1組当りの値段を平均すると約5,600円程です。年金生活をしている老夫婦からすれば贅沢に思える価格かもしれませんね。ですが作る手間を考えると適正価格だと思います。

匠本舗 おまかせ健康三彩 旨いもの探検隊

 

愛知三河料亭 千賀監修おせち 舞千

 

京のおせち 花籠

 

京料理 濱登久生おせち 個食二段

但し、単身者だと2組も食べれないので今後は1組ベースのおせち料理の販売も増えるのではないでしょうか?

洋風おせちが増えているのは何故?

通販や市販で売られているおせち料理の商品で洋風のおせち料理が増えているのはご存知でしょうか?各販売店では、おせち離れしつつある若年層へアプローチする為に取扱いを増やしているようですが現実的に業者にとって深刻なのが

 

 

お正月におせち料理を食べない人達がいるという点です。


実際のところ、購入者のおせち離れを防ぐ策としてはとても良い傾向ですが、食べない人達や手作りしている人達を取り込めるかという点については疑問ですが、間違いなく販売されているおせち料理の内容はバラエティに富んでいます。

 

もともと洋風料理は色彩豊かな品が多いので和食にも非常にマッチしています。和食の場合、料理の他にあしらえなどで華やかに盛付けることが多く、和洋折衷おせちの場合は更に華やかな盛付けが多いので食欲がそそります。

おせちの洋風料理って?

基本的にはコース料理にでてくるオードブルのような料理が多いですがフレンチやイタリアンでも人気の料理が詰め込まれているおせち料理も多数あります。例えば、グラタンや香草焼など若年層が好むような品が入っている点がポイントで和食に飽きた人にはぴったりです。当サイトが紹介している人気ネット通販で取り扱う洋風のおせち料理には以下のような商品を販売しています。

割烹「あじさい」監修特大二段重 DEAN&DELICA 洋風オードブル 京のおせち四段重 千都

おせち通販名 洋風及び和洋折衷おせち料理名 内容・状態
匠本舗 赤坂・割烹「あじさい」監修特大二段重 和洋折衷46品目、冷蔵
オイシックス オードブル DEAN&DELICA 洋風9品目、冷凍
おまかせ健康三彩 京のおせち 千都 和洋折衷41品、冷凍

 

>>美味しいおせち料理を取扱う人気通販は?<<