進化する料亭おせち料理の中身とは?

京都のおせちを好み、おせち通販でも「京おせち」を取り寄せる方はたくさんいます。ではその「京おせち」とはどのようなおせち料理なのでしょう。

 

そもそも、おせち料理の内容とは、精進料理や懐石料理を組み合わせた保存料理というのが基本です。

 

その内容や盛付けは各家庭により様々でプロの間でも基本の形はあるものの、それにいろいろとアレンジされているので正確な区切りはありません。では、プロの間で云われている「京おせち」とは内容に違いはあるのでしょうか。正直いって、素人には区別がつかないというのが本音ですよね。

 

ですから、「京おせち」を区別するのではなく特徴という形で説明したほうが理解しやすいですよね。基本的には、「京おせち」には京料理がふんだんに盛り込まれているのが特徴です。ですから、京料理の特徴を知れば何となく理解できるのではないでしょうか。

五感で愉しめる京料理がおせちには相応しい

京料理の基本は五感で愉しむ料理で味だけでなく見た目や雰囲気も考えられた料理だということです。中でも、味は薄味で洗練された技術により素材の味を愉しめるのも京おせちの大きな特徴です。

 

もともとは、大阪に比べると海産資源に乏しい地形にあった京都は質素な素材の味を極限まで引き出すという料理技術が今現在の職人技に繋がっているといっても過言ではありません。

 

その京料理には、大饗料理、精進料理や懐石料理、西洋料理の料理手法を取り入れ発展してきた背景があります。日本の食文化として、大阪と共に発展してきた京都の京料理を日本料理と称し、大阪の料理を関西料理、上方料理と称されるまでに至りました。ですので、

 

 

京おせちは有職料理、精進料理、懐石料理、おばんざいを融合した・・・


京料理を提供している料亭や割烹などで作られているおせち料理のことを総称して「京おせち」と呼ぶのではないでしょうか。なので、色彩、盛付け、素材、味にこだわった料理が多いので量より質や職人技を愉しめるおせち料理といえます。

折衷おせち料理が人気する背景

おせち料理を購入するなら折衷おせちがオススメです。折衷おせちとは、程よく合わせられたおせち料理の事で和洋折衷や和中折衷、和洋中折衷のおせち料理があります。

 

その中でも和洋折衷のおせち料理がオススメで、メリットという点では子供も大人も食べれる料理が多いという点と色彩が富んでいるおせち料理が多く見た目にも美しいという点です。

 

本格的な和風のおせち料理といえば、京おせちが人気ですが楽天市場やくるなび食市場ではボリューム重視の九州のおせち料理が人気していますよね。例えば、博多久松やくいもんやのおせち料理などです。

 

人気の秘密はやはりボリュームと価格にあるのですが、見た目や素材を活かしたおせち料理を購入したいのであれば京おせちのほうがおすすめです。そして、その京おせちの見た目を更に彩り華やかにみせれるのが和洋折衷のおせち料理です。

色彩が華やかな洋風料理はお正月の食卓を豪華に演出

フレンチやイタリアンの洋風料理は色彩が華やかな料理が多いので和風おせちと融合させた折衷おせちは豪華に見えて当然です。なので、色彩的に少し物足りない中華おせちの場合、あしらいの美しい和風おせちや彩り華やかな洋風おせちと融合させることでよりランクアップしたおせち料理になるのです。

 

特に、好みという点では洋風や中華のほうが子供の好む料理が多いのは確かです。しかし、見た目やお正月気分を演出するにはやはり和風料理は絶対に欠かすことのできないものではないでしょうか。

 

おせち料理という料理は年神様にお供えをしていた料理のことで、ならわしや歴史伝統のある料理なので本格的な和風のおせち料理でお正月を迎えるというのが本来の姿です。しかし、核家族が増え、単身者が増える世の中で

 

 

唯一、家族が集まれる時間といえば、お正月くらいのものです。


そんな時でこそ同じ重箱の料理を家族全員で食すのであれば折衷おせちのほうが今の時代にマッチしているというのが正しいのではないでしょうか。但し家族全員が和食が好きであるなら本格的な和風のおせちや京おせちでお正月を迎えたほうが良いですよね。

 

>>美味しいおせち料理を取扱う人気通販は?<<