おせち料理で洋風・中華・海鮮を愉しむ

おせち通販のおせち料理も随分と様変わりしましたね。というのも洋風や中華のおせち料理の取扱う種類が増えてきたからではないでしょうか。中でも洋風おせちにはそれといった基本がないので自由性が高いのでどちらかといえば、創作色の強いおせち料理ともいえます。

 

フレンチおせちやイタリアンおせちといったおせち料理は勿論、洋風の部類に入るのですがこうした洋風のおせちに人気がある背景には子供にも何とか同じ重箱で一緒に食事したいという親心の表れではないでしょうか。ハムや鶏肉をいった子供の好きな食材を洋風に調理することで子供も箸を進め易くなるからです。

 

なので、家庭によっては洋風よりも中華料理の馴染みの深い家庭では中華風おせちや和中折衷のおせち料理が人気しています。

洋風や中華に注目が集まるデパートのおせち料理

中華のおせちで人気なのは海老チリソースなどで大人の女性も好きなので大半の中華風おせちには入っていますよね。今後は中華のおせちや洋風おせちが人気の中心になるような気もしますが、プロしかつくれないようなおせちの場合まだまだ価格が高いので本格的な人気に辿り着くには時間を要するのではないでしょうか。

 

逆に価格の比較的安い洋風おせちの場合は家庭でも準備できるような内容のものが多いので子供だけの分なら別で作ってあげるほうが良いかも知れませんね。

 

ちなみに、高島屋や伊勢丹といったデパートでは高価な洋風のおせち料理が多数販売されていますが、中でも伊勢丹のおせち通販では10万円も超える洋風おせちがあるのですが、これは完全にセレブ用といっても良いおせち料理です。

 

また、中華のおせち料理では高島屋と伊勢丹双方が取扱う銀座アスターの中華三段重が6万円と使用する食材やプロしか作れない料理が盛り込まれているので予算に余裕のある方にはおすすめだと思います。

 

本格的になれば、一般的な価格ではない事がわかりますよね。ですから、できればお子様が小さい間だけはキャラクターのおせちを購入される程度にされてある程度成長されたら本格的な和風のおせちを食べれるようにしつけたいものですよね。

海鮮おせち料理の選び方

海鮮おせちとは、文字通り海鮮を使用したおせち料理のことで海鮮ばかりのおせち料理の商品もあれば、和風の基本的な料理に海鮮を多く使用したおせち料理もあります。

 

当サイトでご紹介している「旨いもの探検隊」の春の饗のおせちは海の幸ばかりを使用した本格的な海鮮おせちでしかも三大蟹までついているので海鮮好きには堪らないおせち料理です。

 

また、同じ北海道のかにの通販でも知られる「北国からの贈り物」のオリジナルおせちの「福寿膳」は和風おせちの基本的な料理に北海道の海の幸を盛り込んだ海鮮と和風おせちの折衷おせちです。

 

おせち料理は基本的には海の幸と山の幸を使用して作るのですが、一般的には山の幸を使用した料理が中心です。では、おせち料理が何故山の幸のほうが中心に使用されているのでしょうか。それは、もともとは節句に保存食として年神様にお供えしていた料理のことおせち料理と呼び、保存期間が長くて質素な食材といえば海の幸よりも山の幸のほうが遥かに多いからです。

 

しかし、時代が進むに連れ保存食としてだけでなく、家族でお正月を迎える大切な料理なので原価が高く色鮮やかで豪華に魅せれる海の幸をふんだんに盛り込むようになってきたのです。

海鮮おせち料理がおすすめな理由

ですから、高級感とボリューム感を与える海鮮のおせち料理のほうが満足度は高いと思います。特に、かにや海老以外の鮑であったりウニなどの高級食材が盛り込まれているおせち料理はそれだけでもお得な感覚になりますよね。

 

その海鮮おせちの中でもうに新丈やうに一夜漬けといった珍味は酒の肴としてもとても美味で、お正月の食卓が一段と盛り上がること間違いなしです。又、鮑やホタテの貝柱といった海鮮食材は山の幸の料理さえも引き立ててくれます。

 

海鮮おせちは、以上のようにお酒にも合う料理が多いのでお正月も山の幸が中心のおせち料理よりも愉しめるのではないでしょうか。しかし、海鮮を多く使用しているおせち料理の場合は基本的に冷凍状態のおせち料理を選ぶべきです。

 

大抵は、冷凍や冷凍の個包装パックのおせち料理が多いですが、稀に冷蔵のおせちもあるので通販を利用する際は気をつけて下さいね。

 

>>美味しいおせち料理を取扱う人気通販は?<<